結婚してから税理士事務所に2回勤務した

結婚してから税理士事務所に2回勤務した

私は、公立の商業高校で3年間学びました。その高校では簿記1級の資格をとりました。
そのころ、簿記1級の資格をとった人はクラスでは、それほど多くなかったと記憶しています。
その高校では、ほとんどの人が大手の企業や銀行などに就職をする人が多かったです。

 

私も1部上場の企業の本社の経理の仕事に就きましたが、そこでの仕事はかなりきつかったです。
新入社員のころは、早めに出勤して掃除をしてから仕事をしていました。
でも請求書の発送業務の日とかは遅くまで残業していました。

 

決算のときも夜の9時とかまで会社にいたことがありましたが、残業代はつかなかったのでした。
入社して7年目で、友人の紹介してくれた人と結婚が決まって、その会社を辞めることができました。
私は時間に追われなくて済むと思っていましたが、旦那の親との同居でしたのでパートの仕事をするようになったのでした。

 

1回目はうちのすぐそばの税理士事務所でしたがマンションの1室に机が4つもあってその税理士の先生が凄く気難しいので1ヶ月で辞めました。

 

2回目は、38歳のころに隣の駅にある税理士事務所にパートで勤務しました。
その税理士事務所の先生は、亡くなった父に似てて凄く温厚でしたので今も勤務してます。

 

ELGRAN