税理士は、納税代行職

港区の税理士は、納税代行職

港区の税理士は、いわば官軍であり、納税代行職といえます。公務を維持するために、民間から税を納税し、国や自治体などはその税を使ってなるべく全体の利益のために使います。

 

 

 

ところが、税の中から公務員の給料が捻出されているのと、全体の利益のためといっても一部の建設業者にしか使わなかったりして、どう考えても利益になるかどうか曖昧です。

 

 

 

少なくとも、民間サイドからすれば自分のところに少しでもお金を残しておく、自分のために使いたいはずです。それを強引に回収するシステムであるから、ある意味で悪態になるでしょう。とはいえ、税を払わないわけにはいきません。納税しなければならないことになっているためです。

 

 

 

それゆえに、公務員の人格としてはよっぽどの人としての寛容さが求められます。一部、不祥事を起こす公務員がいるなかで、それがニュースとして流れます。

 

 

 

よくもわるくもある公務を維持することに意義があるのかどうか知らないが、

 

従来から続いてきたこととして、税理士の仕事についても存在しています。

 

公務は、港区の税理士職が消えれば徴税人のようになる可能性がでてきます。